TOP > IANTD > IANTDが目指すもの

IANTDが目指すもの


IANTDが目指すもの

 IANTDは、各個人がお互いがオープンであることで意見や経験の共有ができ、それぞれに課された責任感を育成するために、スポーツダイビングやナイトロックス、上級、テクニカルダイビングを含むあらゆる形のレクリエーショナルダイビングに与えられた機会や挑戦を理解し、質の高い指導を可能にするための基準をダイビングコミュニティーに供給することを目指します。
IANTDは黄金律を信じており、いかなる状況においても嘘偽り無く、常識にかない、そして平等な立場を築くことを約束します。また我々はより絶対的なものである、国境にとらわれない原則や自然法の存在を信じており、それらを自分自身に当てはめながら生きるべきであると考え、この使命は下記の分野に分けられます。

公然の認識と安全なダイビングの推進
 IANTDでは「オープンにすること」(ダイバー同士が手順、テクニック、操作方法の意見交換することにより、ダイビングの経験を深めることができる)を推進しています。また、IANTDは常にダイビング関連の情報にアンテナを広げており、またそれを我々のダイビング活動に取り入れています。

より安全なダイバープログラム
 IANTDでは、各ダイバーの責任は積極的なスキルの鍛錬と水中での経験により築き上げられるものだと確信しています。力強い指導と、ダイビングの責任感を伝える術であるインストラクター・生徒の強い絆は我々の真髄です。

プログラムの開発と改良
 IANTDはダイビングの知識や技能の向上をねらいとしたプログラムを開発してきました。我々のメンバーであることの価値をより高いものとするために、実際現場で働くインストラクターからのレポートを元にこれらのプログラムを再吟味し続けてゆきます。また、上級ないしテクニカルダイビングに対する真の価値をも引き続き築き上げてゆきます。「IANTD基準と手続き」はIANTDが定める各認定レベルの技術・知識を全世界レベルで認知させるために作成、改訂されてきました。

コミュニティーの育成
 IANTDが行ってきた事の多くは今やダイビング界においての常識になってきています。ダイビングコミュニティーのサイズ自体の利点を生かし、コミュニティーの内部の各個人がその発展のために一致していなければなりません。それ以外の行為ははその発展の妨げに他ならないと考えます。