-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

セリーヌの値上げ・価格改定2024年情報を徹底調査!過去からの推移と今後の予定は?

アフィリエイト広告を利用しています

ハイブランド

今回は、セリーヌの値上げについて、2024年の情報や過去の推移など調べた結果を紹介します。

セリーヌ(CELINE)は、フランスのラグジュアリーブランドで、1945年に創業しました。

レザーアクセサリーを中心に、アパレルやシューズ、ジュエリーなども展開しており、2018年からは、エディ・スリマンがクリエイティブ・ディレクターに就任し、ブランドイメージを一新しています。

そんなセリーヌですが、他の高級ブランド同様値上げの波が押し寄せています。

セリーヌの値上げ情報と共にセリーヌの新作バッグがアウトレット価格で買えるサイトも紹介しますのでぜひご覧ください。

セリーヌ(CELINE)の値上げ2024年の情報について

セリーヌ(CELINE)の値上げについて2024年はどうかというと、現時点では情報が入ってきていません。ですが、2023年を始め過去の値上げ情報を見てみると今後も値上げは大いにあり得ます。

そんな過去の値上げ情報について詳しく見ていきましょう。

セリーヌ(CELINE)の値上げ2023年の情報について

セリーヌ(CELINE)の値上げについては、2023年3月中旬頃に一部の商品の価格が改定されたようです。

Twitterでも値上げについての嘆きのツイートがされています。

値上げされた商品は、主にレザーグッズやシューズなどのアクセサリー類で、平均的に約10%程度の値上げ幅となっています。

例えば、人気のトリオンフキャンバスボストンバッグは、225,500円で約1万円程の値上げです。この値上げはわずかな方で、ラゲージマイクロについては現在、37万9,500円で10%程の値上げがあったといわれています。

こちらのラゲージマイクロは、中古品ではありますが状態も良いこともあってか、新品での購入価格と同等になっています。

一方で、アパレルやジュエリーなどの商品は、価格改定の対象外であったといわれています。

今回の値上げは公式サイトに公開されていたものではないためサイレント値上げとされています。

セリーヌの過去の値上げ推移は?

セリーヌは、過去3年間で何度も値上げを行っています。

セリーヌ2020年の値上げは?

2020年の値上げについては4月に行われました。

この時は、世界的に需要が落ち込んだことを受けて、約5%程度の値上げを実施しました。

次に、2020年10月にも約5%程度の値上げを行いました。この時は、原材料や物流コストの高騰や為替レートの変動などが理由とされました。

セリーヌ2021年の値上げは?

2021年に入ってからも、3月の値上げがあった情報があり、それぞれ約7%程度と約8%程度の値上げを行っています。

これらの値上げは、ラグジュアリー市場の需要や競合他社との価格差を埋めるためと考えられます。

セリーヌの値上げ2022年

また、セリーヌは2022年も値上げを実施しており、5月に価格改定があったという情報があります。それ以外にも11月に値上げがあり、1年で3回程価格改定があったといわれています。

セリーヌの値上げの理由は?

セリーヌの値上げの理由としては、以下の3つが挙げられます。

– 原材料や物流コストの高騰
– 為替レートの変動
– ラグジュアリー市場の需要増加

まず、原材料や物流コストの高騰は、世界情勢の影響で供給が不安定になったことやインフレ圧力が高まったことが原因です。

特にレザーや金属などの素材は品薄状態になっており、価格が上昇しています。また、物流も港湾や空港での混雑やコンテナ不足などで遅延や費用増が発生しています。

次に、為替レートの変動も値上げに影響しています。セリーヌはフランスを本拠地とするブランドであり、ユーロ建てで商品を製造しています。

しかし、日本では円建てで販売しているため、ユーロと円の為替レートによって利益率が変わります。

セリーヌの値上げの今後について

セリーヌの値上げは今後も行われることが予想されます。値上げの波はとどまることはなく、2022年に3回の値上げがあったように2024年もこれから値上げがされることでしょう。

セリーヌ(CELINE)の2023年春夏コレクションは、「La Collection De Saint-Tropez」というテーマで発表されました。

南仏リゾートを着想したマリンルックが多く登場し、カジュアルでフレッシュな雰囲気が漂いました。

コレクション動画には、エディ・スリマンのプライベートビーチハウスで撮影されたシーンも含まれており、彼のパーソナルな一面も垣間見ることができました。

このようにセリーヌ(CELINE)の2024年の値上げは、ブランドの価値を高めるとともに、コスト増に対応するための必要な措置だと言えるでしょう。

セリーヌ(CELINE)のファンは、今後もブランドの動向に注目していきたいところです。

値上げでなかなか手が届かないという場合は、使いたい時に使えるレンタルサービスもおすすめ。ハイブランドに特化してるから気になる商品が見つけられます!

憧れのブランドバッグがレンタルし放題のLaxus(ラクサス)ハイブランドのレンタルサービスをチェックする

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました